一眼レフ驚愕の「iPhone7」カメラ機能について知っておこう

スポンサーリンク

なぜ2つの違うカメラが搭載されているのか?

通常の一眼レフカメラの場合、レンズから撮像素子までの距離である集点距離をレンズ交換や望遠レンズを使って変化させることでズーム撮影を可能にしているのですが、iPhone 7 Plus ではその望遠機能を2つの違うレンズのカメラを使うことで実現しています。

iPhone 7 plus望遠機能

iPhone 7 Plus ではデュアルカメラの仕組みを使って高画質を保ちつつ1×倍から10×倍までの望遠撮影を可能にしました。

iPhone 7 plus ズーム機能

iPhone 7 Plus 超注目機能!浅い被写界深度を再現する「ポートレートモード」

今回のiPhone 7 カメラ機能で一番のサプライズはこの「ポートレートモード」機能ではないでしょうか。

一眼レフカメラを持っている人なら「被写界深度」について知っているかと思いますが、簡単に説明しますと被写界深度とは、写真のピントが鮮明に合って見える範囲のことです。

一般的な一眼レフのカメラでは、意図的に浅い被写界深度で撮影をすることで背景をソフトにぼかし、被写体が立体的に際立つようにして雰囲気や説得力ある作品のような写真を撮影します。そして高価なカメラやレンズほど良いボケが撮影できるのが一般的な考え。

通常この被写界深度は、大きい撮像素子が搭載されたカメラの絞り値を操作したり焦点距離の違うレンズを使ったりして撮影するものなので、カメラ本体が薄くてレンズ交換ができないスマホカメラでは本格的な浅い被写界深度の撮影は不可能と考えられていましたが、なんとスマホの「iPhone 7 Plus ポートレートモード」でそれを可能にしてるじゃありませんか!!

iPhone 7 plus写真1

iPhone 7 plus写真2

仕組み的には2つのカメラとISPを用いて浅い被写界深度・ボケを見事にシミュレートしているようです。しかも、ライブビューでボケ具合を確認しながらの撮影も可能。

iPhone 7 plus被写界深度機能

写真好きの一眼レフ愛好者は被写界深度やボケに対して強いこだわりを持っている人が多く、ここまで見事に「浅い被写界深度」が再現できてしまう iPhone 7 Plus のこの機能は一眼レフにとって驚愕の機能になるのではないでしょうか。(もちろん今持っている一眼レフは大事に使い続けますが)

それにしても凄すぎる「iPhone 7 Plus」。。ただ間違いなく「iPhone 7 Plus = 浅い被写界深度も撮影できる高性能カメラ」という位置づけになったでしょうね。

スポンサーリンク

iPhone 7、iPhone 7 Plus サイズと重量

ちなみにサイズと重さは、iPhone 6s と iPhone 6s Plus とほぼ同じ、

iPhone 7: 67.1×138.3×7.1mm (138g)
iPhone 7 Plus: 77.9×158.2×7.3mm (188g)

となっています。

値段は公式価格と主要3キャリア別の実質負担額をまとめているので購入を検討している方はご参考ください。

アップルのスペシャルイベントで発表された「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の日本販売価格が公式のアップル...

また、iPhone 7、7 Plus から防水防塵仕様になりました。これにより、ある程度の防水機能を備えたカメラとしても期待できます。

発表された「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の嬉しい新機能の一つに「防水防塵機能」があります。 今ま...

まとめ

うーん「iPhone 7」か「iPhone 7 Plus」のどちらを買うか迷いますね。

携帯性と操作性のサイズを優先するか、画面の見やすさと一眼レフのように撮影できるカメラ機能を優先するか。

うーーん。しばらく悩みます。

待ちに待った iPhone 7 の発売。 よし iPhone 7 を買うぞ!と決めた全員の大きな課題。 それは...

※こちらもおすすめ。

ついに発表された iPhone の新モデル 3 機種。 従来のホームボタンを無くし、指紋認証の Touch ID を...

前ページ1:「iPhone 7 カメラ機能の何がすごいの?」に戻る。