びっくり!iPhoneのある部分を押すと起こること

スポンサーリンク

びっくり!iPhoneのある部分を押すと起こること

大変便利なiPhoneですが、一般には知られていない機能がたくさん隠されています。

その中でも特に3Dタッチ(3D Touch)には面白い機能が数多く搭載されており、全てを上手に使いこなしている人は少ないのではないでしょうか?

ちなみに3Dタッチとは、iPhoneの画面を指で押した際の圧力をセンサーが感知して、押し込み具合によって別の操作ができる便利な機能。この3Dタッチ( 3D Touch)は、iPhone 6s 以降のモデルから搭載されています。

3Dタッチ対応機種:

iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus

今回はこの3Dタッチを使った便利ワザをご紹介します。

はじめて見た時は意外な機能でビックリしたのですが、使い勝手がよく地味に実用的なので対応機種を持っている方は試してみてくださいね。

スポンサーリンク

iPhoneのディスプレイ左端を指で押してみよう

このびっくり機能とは、iPhone 3Dタッチ対応機種であれば、ディスプレイ画面枠の左端を指で押し込むことで、タスク切り換え画面が表示される機能になります。

以前のiPhoneですと、ホームボタンを2度押しすることでタスク切り換え画面が表示されていましたが、3Dタッチ対応機種では、画面の左端を押し込むことによる直感的な操作でも、タスクの切り替え画面が表示されるようになりました。

方法は「画面左端を指で押し込む」だけ。

3Dタッチのタスク切り換え機能

すると3Dタッチ機能でタスク切り替えの画面が表示されます。

3Dタッチのタスク切り換え機能アニメーション

簡単ですね!

この機能、一見地味ですがホームボタンを2度押しすることなくタスク切り替えの画面に移行できるようになるので、日々使い続けているとその使い勝手の良さが実感出来るかと思います。

そんな訳で、もしまだ知らない機能でしたらぜひ試してみてくださいね!