びっくり!ある条件でiPhoneを振ると起こること

スポンサーリンク

iPhoneを振ると起こること

最近、あるタイミングでiPhoneを振ってみたところ、おどろきの機能が隠されていることを発見!

で、早速共有させていただきます。

通常、メールや検索などテキストで文字入力している際、うっかりの打ち間違いや、考え直して再入力をおこなう場合、バックスペースキーやDeleteキーで一度入力した文字を一文字づつ削除しますよね。

これを読めば今後そんな削除の動作は必要なくなるかもしれません。

なんと!iPhone自体を軽く(シェイク)振ることで入力したテキスト文字を取消すことができてしまいます。いわゆるパソコン操作で言うところの「Undo=1つ前の行動に戻す」をiPhone本体自体を振ることで出来てしまいます。

やり方は至って簡単。

振るだけです。

では、早速トライしてみましょう。

スポンサーリンク

iPhone 振って入力テキスト取消のやり方

どのようなアプリでもよいのでテキストをタイプして振ってみます。

*あまり激しく振る必要はありません。うどん・そばに七味をかけるように軽く振れば機能します。

そうるすと、ウインドウが現れて「キャンセル」するか「取消」が選択できるよう聞いてくるので取消をタップすれば入力した文字が削除されます。

iPhoneを振って文字を削除

なお、もう一度振ると取消した内容を「やり直す」という形で再度戻してくれます。

これは、パソコン操作で言うところの「Redo=1つ前の行動をやり直す」を振ることで実行してくれています。

iPhoneを振って削除した文字を戻す

この機能は、LINE、Safari、Chrome、メール、ノート等々・・・とテキスト文字を入力できる様々なアプリで実行できますよ。

うーん、便利ですねぇ。こんな機能があるなんて本当びっくり。

よければ、周りの人にも教えてあげてみてくださいね!

では、ありがとうございました。