iOS10の意外な新機能「拡大鏡」で電子ルーペや望遠鏡に早変わり

スポンサーリンク

iPhone7iOS10新機能「拡大鏡」

iPhone 7 にも搭載の新iOS「iOS 10」ですが、意外と知られていないカメラを使った新機能のひとつに「拡大鏡」というのがあります。

これは、iPhoneを一瞬にして虫眼鏡・電子ルーペに変えてしまうという機能。また、簡易的な望遠鏡として、ちょっと遠くのモノを確認するのにも使えたりしちゃいます。

一見してカメラのズーム機能みたいですが、この特化した「拡大鏡」の方が拡大域が広くて強力。

少し地味な機能に思えますが、サッと素早く起動できるので、使い方次第で活用シーンは幅広そう。

今回はそんな iOS10 の新機能「拡大鏡」の使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

iOS10「拡大鏡」の使い方

iOS10 の新機能「拡大鏡」は iOS 10 対応のiPhone ならどのモデルでも使用可能。

まず、ホーム画面「設定」「一般」「アクセシビリティ」から「拡大鏡」をオンに。

iPhone7iOS10新機能「拡大鏡」

iPhone7iOS10新機能「拡大鏡」

iPhoneの「拡大鏡」を使うには、ホームボタンをトリプルクリックするだけで素早く起動します。

iPhone7iOS10新機能「拡大鏡」起動

地味に凄い!「拡大鏡」の機能

いつでも素早く起動できて、特に視力が低下気味の方などは、小さい文字で表示されている文章やちょっと遠くのサインなども拡大鏡を使えば簡単に見えるようになりますよ。

iPhone7iOS10新機能「拡大鏡」使い方

iPhone7iOS10新機能「拡大鏡」使い方

興味ある植物や虫などの拡大にも適してるでしょう。

iPhone7iOS10新機能「拡大鏡」使い方

拡大している対象物に照明を当てたり映像のコントラスト調整も可能。しかも白黒反転させたりカラースケールも変更できるので、本格的な電子ルーペのような使い方がiPhoneで出来てしまう優れもの!

iPhone7iOS10新機能「拡大鏡」使い方

iPhone7iOS10新機能「拡大鏡」使い方

もちろんシャッターボタンが付いており拡大した画像の写真も撮れます。

まとめ

話題のiOS 10には「拡大鏡」のように、痒いところに手が届く便利機能が数多く搭載されています。ぜひ色々なものを拡大して新たな発見をしてみてくださいね!