iOS10で大幅強化された 3D Touchを使いこなそう

スポンサーリンク

iOS10で大幅強化された 3D Touchを使いこなそう

iPhone 7 や iOS10の登場でiPhoneの利便性が大幅に向上しているのですが、その中でも特に3D Touchの機能が使える場面が大きく広がっているのをご存知でしたか?

ちなみに3D Touch/3D タッチとは、iPhoneのディスプレイを指で押した圧力をセンサーが感知して、押し込み具合によって別の操作ができる便利な機能でiPhone 6s から搭載されています。

3D Touchの対応機種は現時点では、

  • iPhone 7 / 7 Plus
  • iPhone 6s / 6s Plus

に限定されていますが、大変便利な機能ですから3D Touch対応のiPhoneを持っている方は積極的に使ってみましょう。

そこで今回は、iOS10のアップデートでさらに便利になった3D Touchの基本的な使い方と便利な活用方法を紹介します。

スポンサーリンク

3D Touchの基本「Peek」と「Pop」を覚えよう

iOS10で使える場面が広がった 3D Touchですが、基本的には画面を指で押すことで以下の操作が可能になるので覚えて使いこなせるようにしましょう。

  • 「Peek・ピーク」 (ちらっと見る)軽く押し込む。
  • 「Pop・ポップ」 (開く)ピーク後に強めに押し込む。
  • 「その他」アプリによっては押し込むことで操作できる個別機能がある。

この新しい操作法「ピーク・ちらっと見る」「ポップ・開く」を使うことで、多くのアプリや写真/文章等コンテンツのプレビュー表示や起動が、わざわざ専用のアプリを起動することなく素早く行えるようになります。

3D Touchを使いこなそう1

3D Touchを使いこなそう2

最初はちょっとこの利便性を感じにくいかもしれませんが、ひとつのアプリを使用中に別のアプリ機能を「ピーク」することで2つのアプリを同時に使えることになり、使い方次第で超便利なのです。

例えば、通知されたメッセージの内容を確認したり、メールに記載されているリンク先などのプレビューを「ピーク」することで別のアプリを立ち上げることなく確認して、必要に応じてそのままアプリを起動「ポップ」することが可能になりました。

3D Touchを使いこなそう3

3D Touchを使いこなそう4

つまり、次のようなコンテンツのプレビューを表示させたり起動させたりする場合に3D Touchは活躍するでしょう。

  • 通知内容の確認
  • メールに記載しているリンク先の確認
  • ウェブサイト上のリンク先の確認
  • 通知やメッセージに挿入されたマップの確認
  • アプリの主要機能へのアクセス

また3D Touch 対応のアプリを「ピーク」することで素早く必要な機能へアクセス(クイックアクション)することも可能!

3D Touchを使いこなそう5

3D Touchを使いこなそう6

3D Touch を使いこなす便利技

他にもiOS10アップデートで強化された3D Touchの機能を使って便利なことが色々できます。どれも実用的な機能ばかりなので覚えて使ってみましょう。

タスク切換え画面を表示

今までタスク切り替え画面の表示は、ホームボタンを2度押しすることで出現していましたが、3D Touch対応 iPhoneではホーム画面の左端を押すだけで即座にアクセスできるようになりました。

3D Touchを使いこなそう7

3D Touchを使いこなそう8

アプリのウィジェット表示および機能アクセス

ホーム画面上の対応アプリを「ピーク」するとウィジェット表示されたり、主要な機能へ素早くアクセスできます。

3D Touchを使いこなそう9

3D Touchを使いこなそう10

「共有」の項目も追加されているので、色々なアプリを「ピーク」してみましょう。

フォルダー名を変更

フォルダーを「ピーク」するだけで簡単にフォルダー名を変更できます。

3D Touchを使いこなそう11

Live Photo 再生

動く写真 Live Photoは「ピーク」することで再生して「ポップ」することで開けます。

動く写真が撮影できる「Live Photo」を使いこなそう!
iPhone 7 の登場でiPhone 6s モデルから搭載されているLive Photoという機能に再度注目が集まっています。 ...

コントロールセンターでのクイックアクション

3D Touchでコントロールセンターがより便利になりました。

iOS10で改良されたコントロールセンターの上手な活用法
iOS10 の登場で利便性が大きく向上したiPhoneですが、コントロールセンターも刷新されて使い勝手が大幅に強化されました。特に3...

手書きも筆圧の表現が可能に

対応しているアプリであれば、3D Touchの機能を使って手書き線の濃さを表現できます。メモアプリを「ピーク」すると手書きの「新しいスケッチ」を選択でききますから、手書き線での濃淡調整を試してみましょう。

3D Touchを使いこなそう12

3D Touchを使いこなそう13

iPhone のキーボードでカーソル移動ができる

なんと3D Touchの機能を使えばキーボードをマウスパッドのように使うことができてしまいます。(これは便利!)

3DタッチでiPhoneキーボードをマウスパッドのように使える便利技
iOS10の登場でiPhoneの利便性が大幅に向上しているのですが、その中でも3Dタッチの機能が使える場面がたくさん増えているのをご...

使いやすいよう 3D Touch 感度も個別に設定

説明した「ピーク」「ポップ」の押し込む感覚は人によって差があるでしょうが、iPhone では好みの感覚に設定できるので誰でも快適に使えます。

設定手順。

ホーム画面から「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「3D Touch」から自分好みに設定しておきましょう。

3D Touchを使いこなそう14

まとめ

iPhone 7 の発売で対応機種を持つ人が増えたこともあり、あらためて3D Touchの利便性に注目が集まっているようです。とにかく慣れるほど便利な3D Touchですから、上手に使いこなして快適なiPhoneライフを過ごしましょうね!