AirDropで相手が表示されないときの対処法2つ

スポンサーリンク

AirDropで送受信の相手が表示されない時の対処法

AirDropご存知ですか?

写真や動画、メモなどの指定したファイルを近くのApple製品へ手軽にデータ転送して共有できる機能です。

この「AirDrop」の機能を使うとメールやLINEなどよりも簡単にファイルの受け渡しができて超便利。

例えば、みんなで撮った写真をLINEなどで送るとデータが圧縮して送信されてしまうので、高画質でファイルを共有したい人がiPhoneやiPad、Macなどを持っていてスグ目の前にいるようなら、迷わずAirDropを使いましょう。

と、説明しましたが、ここでちょっと問題が。。

実はこの「AirDrop」たまにデータを渡したい相手が画面上うまく表示されない事があります。

そこで今回はそんなAirDropでファイルを共有したいのに相手が表示されない場合に試せる対処法をご紹介します。

その前にまずはAirDropの使い方をおさらいしましょう。

AirDropの使い方

ファイルの共有方法は次の通り。

  1. ホーム画面で最下部を上に向けてスワイプしコントロールセンターを表示。
  2. AirDrop」をタップして検出できる端末を「連絡先のみ」または「すべての人」から選択。
  3. 共有したい写真やメモの下にある「共有アイコン」をタップ。
  4. AirDropに対応した共有可能な端末が表示されるので、タップして送信。

AirDrop使い方説明1

AirDrop使い方説明2

AirDrop使い方説明3

AirDrop使い方説明4

「連絡先のみ」を選択のときは、「iCould」にサインインにする必要があります。これをしておかないと検出されないのでご注意ください。

通常は以上でファイルの共有が完了します。簡単ですね。

AirDropで相手が表示されないときに試したい対処法2つ

次は、AirDropで共有したい相手がうまく表示されない時に試せる2つことを説明します。

AirDropで相手が表示されないときの対処法

この問題ですが結構あるんですよね。だからこの記事を書きました。。

では、早速対処法をご説明。

対処法1.双方がAirDrop検出設定を「すべての人」に設定

設定は次の通り。

  1. ホーム画面で最下部を上に向けてスワイプしコントロールセンターを表示。
  2. AirDrop」をタップして「すべての人」を選択タップ。

AirDropで相手が表示されないときの対処法2

AirDropで相手が表示されないときの対処法3

これで、目の前にいる人すべてがAirDropの対象になりますので表示されなかった相手が表示されるようになります。

AirDropで相手が表示されないときの対処法4

対処法2.表示されない機器を再起動する

多くの動作不安定の問題がこの「再起動」で解決するように、AirDorpで相手が表示されないときも、この方法で表示されるようになるでしょう。

iPhone 再起動の方法。

  1.  iPhone本体の電源ボタンを長押しする。
  2. スライドで電源オフ」でスライドして電源を切る。
  3.  iPhone本体の電源ボタンを押して電源を入れる。

AirDropで相手が表示されないときの対処法5

以上2つの方法で大体の表示されない問題は解決されると思います。

最後に

とにかく「AirDrop」は身近な人と簡単にファイル共有ができる素晴らしい機能です。

ぜひ使いこなして快適なiPhoneライフをお過ごしください!