MacからiPhoneへ超簡単に画像を転送できるよ

スポンサーリンク

MacからiPhoneへ画像を転送

パソコンに保存している写真などの画像をiPhoneに取り込みたい場合ってありますよね。

ケーブルを使って画像を転送したり、クラウドストレージで同期させたり、と方法は幾つかありますが、Macユーザなら、もうそんな面倒なやり方はやめましょう。

そこで今回は超簡単にMacからiPhoneに画像を転送する方法を説明します。

残念ながらWindowsではこの方法で画像転送は出来ませんが、Macを持っているなら簡単すぎて目からウロコ!ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

MacからiPhoneへ画像を転送する方法

アップルのAirDrop機能を使い次の手順で行います。

1.Mac上の転送したい画像を「右クリック」して「共有」から「 AirDrop」を選択。

MacからiPhoneへ画像を転送1

Macの右クリック操作を設定していなければトラックパッドの2本指クリック。または、[Control]キーを押しながら通常のクリックをしても右クリックと同じ操作になります。

2.AirDropが表示されるので画像を転送したいiPhoneを選んでクリック

MacからiPhoneへ画像を転送2

事前にiPhone 側のコントロールセンターからWi-FiとBluetoothをオンにして、AirDropの設定を「すべての人」にしておきましょう。

MacからiPhoneへ画像を転送3

3.iPhone側にAirDropの通知が表示されるので「受け入れる」をタップ。

MacからiPhoneへ画像を転送4

4.MacからAirDrop経由で転送された画像がiPhoneのカメラロールに保存されます。

MacからiPhoneへ画像を転送5

以上で完了。

もちろんiPhoneからMacへも画像の転送が可能です。AirDropの基本的な使い方や画像を転送するときにiPhoneがうまく表示されない場合は、こちらの記事をご覧ください。

AirDropで相手が表示されないときの対処法2つ
AirDropご存知ですか? 写真や動画、メモなどの指定したファイルを近くのApple製品へ手軽にデータ転送して共有で...

まとめ

このAirDrop機能。iPhoneからiPhoneへの画像転送で活躍する場合は多くても「MacからiPhoneでも簡単にAirDrop転送できる」ってことに気付かない人は多いのでは?とにかく意外すぎて超便利!Macをお持ちであれば是非とも使ってみてくださいね。