必須!画面を押さずに撮影できるiPhoneカメラの便利技

スポンサーリンク

必須!画面を押さずに撮影できるiPhoneカメラの便利技

iPhoneでの写真撮影はもう日常の一部になりましたが、撮れば撮るほど上手に写したくなりますよね。

やはり良い写真には良い構図が大事。

標準のiPhoneカメラでシャッターを切る時は画面上の丸いボタンを指で押して撮影するのですが、それですとボタンを指で押す瞬間にiPhone本体が微妙に傾いたりして構図がズレてしまうことって結構ありませんか?

特に専用カメラのような横長の写真を撮るときはiPhoneを横に持って構えると画面のボタンって意外と指で押しづらく不便と感じていたのですが、なんとiPhoneのカメラ機能には画面上のボタンを押さなくてもシャッターが切れる方法が隠されています。

その方法とは実に簡単なのに意外と知っている人が少なく、もうiPhoneでのカメラ撮影には必須ワザと言えるほど便利ですから知らない方は覚えておきましょう。

スポンサーリンク

画面を押さずにiPhoneのカメラで撮影する方法

その方法とは「カメラを起動した状態で音量ボタンを押す」ことでカメラのシャッターを切ることができます。iPhone本体の横に付いている音量ボタンはどちらでもかまいません。

画面を押さずにiPhoneのカメラで撮影する方法

実に簡単なことですが、構図を保って撮影できることから、地味にスゴく役立つ機能です。ちなみに付属している純正イヤホンの音量ボタンでもシャッターを切ることが可能。

また、音量ボタンでビデオ撮影の録画開始/停止も行えるので合わせて覚えておきましょう。

まとめ

音量ボタンでiPhoneカメラのシャッターを切る方法ですが、長くiPhoneを使っていても意外と知っている人が少ないように思います。iOS10やiPhone7の登場で身近になった動く写真「Live Photos」を撮影するときなども音量ボタンで撮影するとシャッターチャンスを逃しにくく、とても便利ですからぜひ周りの人も教えてみてくださいね!

こちらは撮影した写真を眺めたり動画を観るのに1つあるととても便利なiPhoneスタンドです。