iPhoneのメールで画像やビデオを添付して送信する方法

スポンサーリンク

iPhoneのメールで画像やビデオを添付して送信する方法

iPhoneで撮影した写真やビデオをSNSやLINEで多くの人と共有することできますが、仕事やプライベートで特定の人にだけ画像などのファイルを送信する場合はiPhoneのメール機能から添付して送る方が安全で便利です。

iPhoneでは容量の大きいサイズの画像やビデオでもパソコン同様にメールに添付して簡単に送信できるので、仕事などでメールで画像や動画を送る必要がある場合はシンプルにメールに添付して送信してみましょう。

そこで今回は意外にも便利なのに利用している人が少ない、iPhoneのメールに画像やビデオを添付して送信する方法を紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneのメールに画像やビデオを添付する方法

iPhoneのメールに添付できるファイルのサイズはメールサービスや利用キャリヤによって違いますが、おおよそ上限は2MB〜10MBぐらいですから大抵の画像なら大丈夫でしょう。

メールでの画像・ビデオの添付方法は主に2通りあります。

まず最初の方法は、カメラロールやアルバムから送信する写真を選択して画面左下の「共有」アイコンをタップ。

iPhoneの共有アイコンからメールで画像やビデオを添付する

メニューから「メールで送信」を選択して添付してメール送信。

iPhoneの共有アイコンからメールで画像やビデオを添付する方法

次の方法は、メール作成画面で本文部分をタップすると三角マーク付きのメニューが表示されるので三角マークをタップして「写真またはビデオ挿入」を選択。

メール文面から画像やビデオを添付する方法

すると写真アプリが起動するので添付する写真を選んで「選択」をタップ。

メール文面から画像やビデオを添付する方法

すると写真がメールに添付されるので「送信」をタップすることで送信。

メール文面から画像やビデオを添付する方法

送信される直前に添付ファイルサイズが変更できる画面が表示されるので必要に応じてファイルサイズを変更してから送ります。

添付画像のサイズ変更

ビデオなどを添付してファイルサイズが大きすぎる場合は一時的にGmailやiCloud等のサーバーに添付ファイルが保存されて、受信相手はそこからダウンロードできるようになります。

ビデオファイルをメール添付

ちなみにiPhoneのメール機能では100MB以上のファイルを添付する場合はWi-Fi環境で接続する必要があるので覚えておきましょう。

その他、iPhoneの動く写真「Live Photos」をメールに添付しても静止画で送信されてしまうので事前にファイルを変換する必要があります。Live Photos をメールやSNSで送ったり共有する詳しい方法はこちらの記事を参考ください。

Live PhotoをLINEやSNSでシェアする方法
iPhone のカメラ機能「Live Photo(ライブフォト)」とは、シャッターを切った前後1.5秒の動画・音声も同時に保存してく...

まとめ

仕事で特定の人に画像やビデオを送る場合はメール添付で送るのが一般的。わざわざパソコンで送信しなくてもiPhoneで簡単に画像等をメールに添付して送信できるので必要に応じてぜひ試してみてくださいね!