必ず知っておきたいiPhoneの画面の撮り方と保存方法

スポンサーリンク

必ず知っておきたいiPhoneの画面の撮り方と保存方法

iPhoneに表示されている画面をそのまま撮影した写真のことを「スクリーンショット」といいます。

この機能は表示されている画面の状態をメモとして保存したりiPhone上で表示されている実際のWebサイトや動画の画面をそのままスクリーンショット撮影してカメラの写真と同じようにSNS等で共有もできるiPhoneの便利な機能のひとつ。

以前のスクリーンショット撮影では、通常のカメラ撮影と同じように大きくてうるさい「パシャ!」とシャッター音が鳴り響いて周りの目を気にする必要していたのですが、嬉しいことに最新のiOS10.2以降のアップデートではサイレントモードにすることで無音でスクリーンショット撮影ができるようになりました。

そんなスクリーンショット撮影ですが、意外にも使い方を知らなかったiPhoneユーザが周りに結構いることがわかりましたので、今回はスクリーンショットの撮り方と保存について紹介します。

スポンサーリンク

iPhone画面のスクリーンショットの撮り方と保存方法

iPhoneのスクリーンショット機能はメモ代わりに使うと本当に便利ですよ。今まで使っていなかった人は積極的に活用してみましょう。

スクリーンショットの撮り方は保存したい画面がiPhoneに表示されている状態で「スリープ(電源)ボタン」と「ホームボタン」を同時に押すことで撮影されます。

iPhone画面のスクリーンショットの撮り方と保存方法

この際に通常のカメラ撮影と同じようにシャッター音が鳴りますが、iOS10.2以降にアップデートしているiPhoneであれば、サイレントモードにしておくことで無音で撮影が可能。

うるさいシャッター音が改善されたiOS10.2アップデートがリリース!
AppleがiPhone基本ソフトiOS10の最新アップデートである iOS10.2を日本時間の2016年12月13日にリリースしま...

撮影したiPhone画面のスクリーンショットは写真アプリのカメラロールに保存されます。

また「アルバム」の中にある「スクリーンショット」の項目に全てのスクリーンショット画像が自動的に保存されますので、まとめて確認したり通常のカメラで撮影した写真と同じように編集等して扱えますよ。

iPhone画面のスクリーンショットの撮り方と保存方法

まとめ

使い方次第でメモや情報の共有にも使える便利なiPhoneの画面撮影「スクリーンショット」。iOSを最新版にアップデートすることで無音撮影も可能になりましたので、今まで使わなかった人はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。