Siriに頼むと便利なオススメのiPhone設定項目8つ

スポンサーリンク

Siriに頼むと便利なオススメのiPhone設定項目8つ

iPhoneの音声アシスタント「Siri」を利用していますか?

iOS10になって増々賢くなっていったような印象があるSiriですが、普段よく使っているiPhoneの各種設定やモード切換え等もSiriを使えば画面にタッチすることなく手軽に行なえますよ。

そこで今回は、知っておくと便利な普段よく使う設定項目を画面操作なしでSiriで行う方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Siriで切換えられる普段よく使うオススメの設定項目8つ

普段よくiPhoneの画面操作でオン/オフを切換えてる設定項目もSiriにお願いすれば画面に触れずに行えます。使い慣れると音声操作はとても便利な機能なので、ぜひ試してみましょう。

まず「ホームボタンを長押し」するか「Hey Siri!」とiPhoneに話すことでSiriが起動されます。

1.Wi-Fi を有効/無効に

Siriを起動したら「Wi-Fiをオンにして」で、Wi-Fiを有効に。「Wi-Fiをオフにして」で、Wi-Fiを無効にできます。

Wi-Fi を有効/無効に

2.Bluetooth を有効/無効に

Siriを起動したら「Bluetooth をオンにして」で、Bluetoothを有効に。「Bluetoothをオフにして」で、Bluetoothを無効にできます。

Bluetooth を有効/無効に

3.Night Shift(ナイトシフト) を有効/無効に

Siriを起動したら「Night Shift をオンにして」で、Night Shiftを有効に。「Night Shiftをオフにして」で、Night Shiftを無効にできます。

Night Shift(ナイトシフト) を有効/無効に

4.機内モードを有効/無効に

Siriが起動したら「機内モードをオンにして」と話しかけると、機内モードをオンにすると一時的にネットが不通になってSIriが使えなくなる旨の返答がありますが、引き続き「はい」と答えることで機内モードが有効になります。

機内モードを有効/無効に

※機内モードが有効の状態から機内モードをオフ(無効)にする場合は普段通り手動で切換えましょう。

5.画面を明るく設定する

Siriを起動したら「画面を明るくして」と話しかけると画面の明るさを上げてくれます。

画面を明るく設定する

6.モバイルデータ通信を有効/無効に

Siriを起動したら「モバイルデータ通信をオンにして」で、モバイルデータ通信を有効に。「モバイルデータ通信をオフにして」で、モバイルデータ通信を無効にできます。

モバイルデータ通信を有効/無効に

7.低電力モード(省電力モード)を有効/無効に

Siriを起動したら「低電力モードをオンにして」で、低電力モードを有効に。「低電力モードをオフにして」で、低電力モードを無効にできます。

低電力モード(省電力モード)を有効/無効に

8.おやすみモードを有効/無効に

Siriを起動したら「おやすみモードをオンにして」で、おやすみモードを有効に。「おやすみモードをオフにして」で、おやすみモードを無効にできます。

おやすみモードを有効/無効に

まとめ

Siriを使えば他にも多くの設定を音声で行うことができるので、色々探してみるのも楽しいかもしれませんね。ちなみに「起こさないで」で、オンにしているアラームをオフにすることもできますよ!

スポンサーリンク

フォローする