iPhoneカメラ「Live Photos」の動く写真を壁紙にする方法

スポンサーリンク

iPhoneカメラ「Live Photos」の動く写真を壁紙にする方法

iPhoneのカメラを起動して「live」の3重丸アイコンをタップするだけで、3秒間の動く写真が撮影できる機能 Live Photos(ライブフォト)は、iPhone 6s 以降のモデルに搭載されているカメラの新しい機能。

iphoneカメラlive

最新のLive Photos(ライブフォト)では、iPhone7のカメラ機能の強化やiOS10の登場に伴い、よりキレイな動くライブフォト写真を通常の静止写真と同じように好みのテイストに編集したりする機能も追加されています。

そんな、iPhoneのライブフォトで撮ったお気に入りの動く写真ですが、ロック画面に壁紙として設定することが可能です!

iPhoneカメラの「live」アイコンをタップするだけで簡単に撮影できるライブフォトですから、お気に入りの1枚は好みに編集して、それを壁紙として設定してみてはいかがでしょう。

そこで今回はiPhoneライブフォトの動く写真の編集方法と壁紙への設定方法をご紹介します。

ちなみにiPhoneのカメラでライブフォトを撮影するには対応機種を持っている必要がありますので事前に確認してみましょうね。

ライブフォト対応機種:

  • iPhone8 /8 Plus
  • iPhone7 /7 Plus
  • iPhone6s / 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPad Pro 9.7

基本的なLive Photosの使い方はこちらをご覧ください。

iPhone 7 の登場でiPhone 6s モデルから搭載されているLive Photos(ライブフォト)という機能に再...
スポンサーリンク

iPhone Live Photos(ライブフォト)の編集方法

基本的にライブフォト撮影した写真はカメラロールに通常の写真と混ざって保存されます。

写真アプリ

しかし、写真アプリの下メニュー「アルバム」の中にある「Live Photos」に整理されていますから、アルバムから編集したいライブフォト写真を選ぶと簡単に探せますよ。

iphoneライブフォト写真

編集したいライブフォト写真を選んだら下メニューの「編集アイコン」をタップ。

ライブフォト編集

あとは通常の静止写真と同じように以下の編集が可能です。

  • 縦横のトリミング

ライブフォトトリミング

  • フィルター

ライブフォト編集フィルター

  • カラー調整・露出調整

ライブフォト露出編集

編集が完了したら右下の「✓」をクリックすると保存されます。

ライブフォト編集保存

※編集して保存した内容は「元に戻す」をクリックするとオリジナルに戻ります。
※Live Photosの編集では写真にコメントを挿入するマークアップ機能は使えません。

動く写真ライブフォトを壁紙に設定する方法

お気に入りのLive Photosはロック画面の壁紙に設定してみましょう。

手順は、

まず「設定」の中にある「壁紙」から「壁紙を選択」をタップ。

iPhone壁紙設定

選択の中にある「Live Photos」から壁紙にしたい写真を選択。

壁紙ライブフォト選択

下の白く反転しているメニューの「Live Photos」を選んで「設定」をタップ。

ライブフォト壁紙設定

「ロック中の画面に設定」をタップ。

ロック画面ライブフォト壁紙設定

動く写真のLive Photosはホーム画面に壁紙として設定しても動きません。ロック中の画面に限り動くライブフォト写真が設定できます。

以上で完了です。

これでロック中の画面を指で押すと写真が動きますよ。

ライブフォトロック画面壁紙の設定

Live Photos機能が活躍する場面や被写体とは

iPhoneカメラのライブフォトは次の被写体と相性が良いので色々と撮影機会を探してみましょう。

  • 笑顔の瞬間
  • 子供の喜怒哀楽の表情
  • 可愛がっているペット
  • 波・風・雲などの自然な動き
  • 花火!(ライブフォトでの撮影が特に活躍します)

まとめ

ライブフォトのオン/オフ切り換えは、iPhone カメラの「LIVE」アイコンをタップすることで簡単に行えますから、気軽にiPhoneで「Live Photos」をバシバシ撮って動く写真を楽しんでみてくださいね!