どこにある?「iPhoneX 」電池残量パーセント表示の確認方法

スポンサーリンク

「iPhoneX 」電池残量パーセント表示の確認方法

従来のアイフォンと異なりホームボタンが取り去られたiPhoneX。操作方法も多少変わりましたね。

そんな新しく生まれ変わったアイフォンXですが、今まで慣れ親しんでいた表示方法の一部も変わりました。

その変更に戸惑っている新規アイフォンXユーザーも多いのでは?

その地味に困る部分とはズバリ、

残り電池量のパーセント表示!

が、定位置の画面右上から消え去ってしまっています。

残り電池量のパーセント表示はどこ?

設定からでも従来の箇所にバッテリー残量をパーセンテージ表示させることはできません。

残り電源量を正確に把握できないと困りますよね。では、一体どこに消えてしまったのでしょう?

スポンサーリンク

iPhoneX 電池残量パーセント表示の確認方法

アイフォンXでは、TrueDepthカメラが搭載されたノッチ(縁のくぼみ)部分が画面上部の左右スペースを狭くしている為、以前まで表示されていた画面右上での電池残量パーセントの常時表示がなくなったようです。

でもご安心ください。

iPhone X の電池残量パーセント表示はコントロールセンターから確認が取れます。

その確認方法は画面右上から下にスワイプするだけ。

iPhoneX の電池残量パーセント表示の確認方法

そうするとコントロールセンターが出現して、電池残量パーセントはその中に表示されるようになりました。

iPhone X の電池残量パーセント表示はコントロールセンターで確認

今までと違い、ちょっとひと操作必要ですが、これで残量が数値で確認できてホッと一安心!

この新しい方法で電池残量を確認する利点としましては、確認時に残量パーセンテージが低ければ、そのままコントロールセンター内のアイコンから「低電力モード」を即座にオンできるところではないでしょうか。

低電力モードで消費電力の多い機能を最適化

低電力モードに切り替えることでバッテリーアイコンが黄色に変わり、その間はメールの自動取得等の消費電力の多い機能が最適化されます。

コントロールセンターにアイコンを追加する方法はこちら「コントロールセンターのカスタマイズ」をご覧ください。

iPhone の基本 OS 最新版である iOS 11 がついに登場。 そんな iOS11 のアップデートでは、新機...

アイフォンXのユーザーは、電池残量の確認と同時に「低電力モード」も状況に応じて積極的に利用してみましょう。

いつもgatten.meにアクセスいただきありがとうございます。 初代機から最新のiPhoneまで基本的なコンセプト...