iPhoneカメラのAF/AE機能で写真の明るさを自在に操ろう

SPONSORED

iPhoneのカメラ撮影はAF・AEロックを使いこなせ

一般的なカメラの考え方で良い写真を撮る上で重要になるのは「露出」という写真の明るさになります。写真はその明るさ次第で色彩の鮮明さや影など暗い部分の細かい濃淡が決まってしまうので露出はとても大事。

あまり難しく考える必要はありませんが、要は適した明るさで写真を撮ると綺麗に仕上がると思っておけば大丈夫です。

その露出ですが、iPhoneのカメラでは画面上でタップした部分に合わせて写真全体の明るさである露出をキレイに撮れるよう自動的に調整してくれています。

ただ、光の具合や被写体と背景の明暗差が大きい場合などは、うまく明るさが自動で調整されないことがあるので、そのような場合は手動で露出を調整してみましょう

明るさ調整

また、iPhoneで写真を撮影していると画面をタップして明るさを調整したのに少し動かしただけで明るさの基準が変わってしまい露出が安定しないことが結構ありますそのようなときは、AF・AEロック機能を使って明るさの基準を固定しての撮影をお勧めします

露出を調節して思いどおりの明るさで写真を撮る

写真の露出を上手に扱うことで写真が格段に良くなります。

そこで今回はiPhoneで自分の好きな明るさで写真を撮れるように、

  • 手動で露出を調整する方法
  • 露出とピントを固定する方法

をご紹介します。

どちらも良い写真を撮るために役立つ機能なのでぜひ活用してみてください!

手動で露出を調整する方法

まず、カメラアプリを起動して被写体に対して明るさの基準とする位置をタップするとAF・AEマーカーという四角い枠が表示され、そこを基準にピントと露出量が合わせられます。

露出自動補正

そして、AF・AEマーカーを指で上下にドラッグすると手動で露出量が調節できます。上に動かすと明るく、下に動かすと暗くなります。

露出手動で調整

これで自動露出で明るさがうまく合わない場合などは、手動で明るさの調整が可能に。

露出とピントを固定する方法

一度露出を合わせてもiPhoneを少しでも動かして被写体からずれた場合などは、露出の基準点が変わってしまい明るさが安定しません。そんなときはAF・AEロック機能を使って露出の基準点が勝手に変わってしまわないよう、固定しておきましょう

AF・AEロック機能は、カメラアプリを起動して被写体に対してピントと明るさの基準とする位置をタップして、そのまま指を長押しすると 「AE/AFロック」と画面上に表示されてピントと露出が固定されます。

AF/AEロック

一度ロックされると最初にタップした位置でピントと露出が固定されてiPhoneを動かして構図を変えてもピント位置や露出は変化しません。またロックしたまま手動で露出を調整できるので好みの明るさに変えて撮影することができます。

AF/AEロック後に手動で露出補正

元に戻すにはAF・AEマーカーを長押しするとロックが解除。

AEとはオート・エクスポージャー(自動露出)の略でAFはオート・フォーカスの略。

以上で手動での露出補正とAF・AEロックが撮影時にできるようになります。

まとめ

いかがでしたか?写真の露出について少しわかれば撮影がもっと楽しくなります。ぜひ手動での露出調整とAF・AEロック機能を使いこなしてバシバシ写真を撮ってみてくださいね。きっと普段とは違った写真が撮れるはずです!

お得情報

安心・安全な取引で誰でも簡単に、売ったり買ったりを楽しめるフリマ系アプリのメルカリ。幅広いジャンルの商品がたくさん。レアな掘り出し物も見つかるかもしれません。

今話題のスマホでかんたんフリマアプリを無料ダウンロードしてみよう!

App Storeでダウンロード
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
デベロッパ:Mercari, Inc.
価格:無料


しかも、今ならダウンロード後に招待コードを入力するだけでメルカリで使える最大10,000円!ポイントが当たる太っ腹なキャンペーンを実施中。


招待コード:JKTFKK
をご利用ください。


驚くことに誰でもハズレなしで、必ず以下のどれかが当たります!


A賞:10,000円分ポイント
B賞:1,000円分ポイント
C賞:300円分ポイント
D賞:100円分ポイント
E賞:50円分ポイント


お家に眠っている雑貨や家電などをメルカリに売り出してみると、そこそこのお小遣いになるかもしれませんよ。ぜひお試しください。

SPONSORED

フォローする