編集前の画像を大切に保存!写真や動画のコピーの作り方

スポンサーリンク

iPhone画像や動画ファイルのコピーの仕方

iPhoneで撮った写真や動画。

お気に入りの一枚は撮った直後に急いで編集してSNSで共有したり親しい人に送ったりしますよね。

ただ、その編集した写真や動画は作業完了と同時にそのまま上書き保存されてしまうので、特に気に入ったものは編集前に元ファイルのコピー(複製ファイル)を作っておくことをお勧めします。

そうすることで、オリジナル画像や動画は大事に保管したまま、様々なパターンで編集した画像ファイルを保存管理できるようになりますよ。

では、iPhoneで撮った画像や動画のコピー・複製の作り方を紹介します。

スポンサーリンク

写真や動画ファイルのコピー作成方法   

ホーム画面から選択できる「写真」または「カメラ」両方どちらのアプリからでもファイルのコピー・複製がおこなえます。

iPhone画像ファイル複製の方法

手順は次の通り。

  1. 写真」または「カメラ」アプリから写真選択の最初の画面を表示する。
  2. コピー・複製したい画像ファイルを選択して左下の「共有アイコン」をタップ。
  3. 下のメニュを左にスライドさせて「複製」ボタンを選択タップしてコピー作成完了。
  4. コピーされた画像ファイルが新規に写真フォルダーへ追加される。

画像や動画ファイルの複製方法1

画像や動画ファイルの複製方法2

画像や動画ファイルの複製方法3

画像や動画ファイルの複製方法4

メニューから「コピー」ではなくて「複製」を選択することでコピーされたファイルが写真フォルダーへ追加作成されます。

同じ手順で動画ファイルもコピー・複製が作成できます。

以上、写真や動画のコピー作成方法でした!

編集前にぜひ試してみてくださいね。