新「iPhone SE」は買いか?他の機種との違い

スポンサーリンク

新「iPhone SE」は買いか?他の機種との違い

新しいアイフォンが発売された。

その名も iPhone SE

iPhone 9 と命名されるとの噂が絶えなかったが、蓋を開けてみれば「iPhone SE」という名称で登場。

ご存知の方も多いでしょうが、アップルは以前にも iPhone SE という同じ名前のアイフォンを2016年にiPhone 5sの後継機種で発売しています。

ちなみに SE とはSpecial Edition(スペシャル エディション)の略。

つまり、今回の2020年にリリースされたアイフォンSEは第2世代の iPhone SE ということになるでしょう。

新しい iPhone SE の見た目は今の最新機種である iPhone 11 Pro と違い、ひと世代前の人気機種で最も多くの人に愛されたアイフォン iPhone 8 / 7 と全く同じ外観をしています。

そして、最新機種に搭載の顔認証機能「Face ID」は搭載されておらず、iPhone 8 以前のアイフォンでお馴染みのホームボタンを指で押して指紋認証させる「Touch ID」が復活。

iPhone SE タッチ ID 復活搭載

最新上位機種のFace ID 搭載アイフォンでは顔がスキャンされることが嫌で、iPhone 8 や iPhone 7 を使い続けていたユーザーには嬉しい仕様です。

さて、この最新の iPhone SE ですが、一体どんな機種なのか?

現在リリースされているアイフォンの中での位置づけや違いは?

どんな人に適しているのか?

など iPhone SE について、まとめましたので購入を検討している方は参考にどうぞ!

スポンサーリンク

見た目はiPhone 8 でも違う!新 iPhone SE 比較

見た目はiPhone 8 でも違う新 iPhone SE

新しいiPhone SE のボディデザインやサイズは最新機種の iPhone 11 シリーズと異なりますが、形姿はiPhone SE はお馴染みの iPhone 8 と全く同じです。違いはボディカラーと背面のアップルロゴのマークが中央に移動したぐらい。

では新しいiPhone SE は iPhone 8 と何が違うのか?

その前に、まずは同じところを確認してみましょう。

iPhone SE と iPhone 8 の共通点(ほぼ同じところ)

気になるSEですが、多くは人気機種の iPhone 8と共通していますよ。

サイズ:同じ
縦138.4 mm × 横67.3mm × 厚み7.3mm 重さ148g

ボディ材質:同じ
ガラスとアルミニウム

ストレージ容量:同じ
64GB、128GB、256GB

画面サイズ:同じ
4.7インチ

ディスプレイ解像度:同じ
1334 × 750

メインカメラ:同じ
1200万画素数、F値1.8

インカメラ:同じ
FaceTime HDカメラ(700万画素、F値2.2)

動画撮影:同じ
最大4Kの60fps

光学式手ブレ補正:同じ
静止画有り、動画有り

防水性能:同じ
IP67(水深1mで最大30分)

iPhone SE 防水性能IP67

バッテーリー持ち:同じ
連続通話14時間、インターネット12時間
音楽40時間、動画13時間

iPhone SE バッテリーの持ち

ワイヤレス充電:同じ
Qi規格のワイヤレス充電対応

生体認証:同じ
指紋認証のTouch ID

・・・とご覧の通り第2世代のiPhone SE の内容は iPhone 8 と共通点が多いです。

では、新しい iPhone SE は iPhone 8 と比べて何が違うのか!?

合わせて確認してみましょう。

新iPhone SE と iPhone 8 との違い

まず、一番大きな違い。

それはズバリ、アイフォンの頭脳である搭載されているチップ。

iPhone SE A13チップ搭載

iPhone 8 にはA11というチップが搭載されていますが、新 iPhone SE に搭載されているのはA13という最新機種のiPhone 11にも搭載されている超高性能なチップ。

A13は処理速度や通信性が大幅に強化されており、A11に比べてCPUの処理速度が1.4倍で、GPUの描写性能が2倍となっています。

ここがiPhone SEの肝の部分でしょう。

懐かしい筐体に最新鋭の爆速チップが搭載されているわけです。

その他では展開色が違います。

iPhone SE 展開カラーとストレージ容量

iPhone SE :
ブラック
ホワイト
レッド(PRODUCT) RED

iPhone 8:
ゴールド
シルバー
スペースグレイ

SEは背面にあるアップルロゴがiPhone 8と違い中央に移動しました。

もう一つSEの特徴として、画面のベゼル(縁)は全カラー共通の黒色です。

それと、iPhone SE は通信速度の向上が可能になる次世代の Wi-Fi 規格である「Wi-Fi 6」にも対応しています。

そして最後に注目したいのが値段です。

iPhone SE はiPhone 11と同じ超高性能なA13チップを搭載しているのに価格はiPhone 8 より大幅に安く価格設定してあります。

iPhone SE
64GB:44,800円
128GB:49,800円
256GB:68,000円

iPhone 8
64GB:52,800円
128GB:57,800円
256GB:84,000円

アイフォンシリーズ中 iPhone SE の位置づけは?

アイフォンシリーズの中で新 iPhone SE とは一体どんなものでしょう。

ズバリそれは、

  • 大多数の人が満足して長く使えるアイフォン

と言えます。

最上位機種のiPhone 11 Pro は超広角・望遠レンズなどの3つのカメラが付いていますが、一般的な人はあまり凝ったカメラ撮影をしないのが実情でしょう。

新しい iPhone SE には1200万画素の優秀な広角カメラが搭載されており、それで十分キレイに撮影できます。

なにより、認証機能のFace IDを嫌う人も多く、最新チップA13搭載のアイフォンで使い慣れた指紋認証のTouch IDが使えるのは正直嬉しい仕様です。

いまですとコロナ禍で、顔にマスクをしている人が多いですから、iPhone SE で指紋認証の Touch ID が復活したことは使い勝手を考える上で非常に歓迎される機能。

また、そのiPhone SEのサイズも持ち運びに最も丁度いいサイズ。

その他 iPhone 11シリーズなどの上位機種アイフォンは大きすぎ。

ケースを付けると大きすぎてズボンのポケットなどに収まりません。

新iPhone SE であれば、ケースを付けても丁度よい大きさ・重さ。

画面の大きさも4.7インチと大多数の人の手に馴染むサイズで、片手操作も快適でしょう。

第2世代 新iPhone SE を買うべき人とは?

iPhone SE を買うべき人は?

まとめると下記のような人が iPhone SE を買うべき人かと思います。

  • 新しいアイフォンが欲しいけどFace IDが嫌で躊躇していた人
  • iPhone 6、7、8 ユーザで同じ使い勝手のままアイフォンを刷新したい人
  • iPhone 6、7、8 ユーザで今のアイフォンの動作に古さを感じている人
  • 最新機能にこだわりがないけど平均点以上のスマホが欲しい人
  • アイフォンを片手操作したりポケットに入れて気軽に使いたい人
  • アンドロイドからアイフォンに乗り換えてみたい人
  • 価格的にリーズナブルで高性能なアイフォンが欲しい人

つまり、今回リリースされた iPhone SE は、絶対に最上位機種のアイフォンじゃなきゃダメだ!って人以外は誰が買ってもiPhoneの素晴らしさを長く味わえる逸品と言えます。

iPhone SE 画面サイズ

ちなみに私はFace ID が嫌で iPhone 8 を使い続けていましたが、iPhone SE に買い替えます。

理由は、その価格とA13チップ搭載なのが決め手になりました。

以上、これら参考になれば幸いです。

iPhone SE 人気カラーの入手はオンライ予約でカンタン確実に行えます。

iPhone SE (第2世代)
好評発売中

ソフトバンク オンラインショップ予約
au オンラインショップ予約
ドコモ オンラインショップ予約

それでは、Good Luck!

ついに今年もApple Eventで新しいアイフォンが正式に発表されました! iPhone 12 様々な噂が飛...