SuicaのApple Pay設定方法と使い方

スポンサーリンク

SuicaのApple Pay設定方法と使い方

いよいよ開始されたiPhoneの決済サービスApple Pay(アップルペイ)ですが、その中でも目玉はやはり「Suica」への対応ではないでしょうか。

SuicaはJR東日本が提供している共通乗車カードで、電子マネーの機能も備えているFeliCa規格の交通系ICカードです。首都圏エリアを中心に各地方の管轄エリア内での乗車であれば広く全国規模で使える便利なカード。

そんな便利なICカードSuicaがApple Payの開始でiPhone 7 / 7 Plusでも利用できるようになりました。

これはもう対応機種を持っているiPhoneユーザーなら、このSuica機能を使わない手はありません。

そこで今回はSuicaのApple Pay(アップルペイ)設定方法と使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

Apple PayのSuicaはこれができる

簡単に説明すると、iPhoneを全国のICマークのある専用リーダーにかざすだけでSuicaカードと同じように利用できます。

suicaとICのロゴ

iPhoneでSuica

そして、いつでもiPhoneからApple Payを介して残高をチャージでき余計な手間が省けて管理も簡単。

つまり、Apple Payの開始で、iPhoneでも便利なおサイフケータイのような使い方ができるようになりました。

※Apple Payへのクレジットカード登録方法と、その他対応の電子マネーである iD、QUICPayの使い方についてはこちらをご覧ください。

Apple Payサービス開始!始め方と便利な使い方
ついに2016年10月25日よりiPhoneでSuica、iD、QUICPayでのおサイフケータイのような機能が使える「Apple ...

Suicaカードの登録方法

SuciaのApple Pay への登録方法は主に2通り。

  • 持っているSuicaをiPhoneで取り込む
  • アプリでSuicaを新規発行

では、それぞれ説明していきますね。

1.持っているSuicaカードをApple Payに取り込む方法

Apple Payに今持っているSuicaの内容をそのままiPhoneを使って移すことができます。

なお、取り込めるSuicaの種類は、

  • 無記名のSuica
  • My Suica
  • Suica 定期券

に限るのでご注意ください。

Suica取込手順。

まず、iOS10.1以上にアップデートされたiPhone 7 / 7 Plusから「Wallet」アプリを起動して、「カードを追加」をタップ。

Apple Pay の便利な支払い方法

カードを追加

Apple Pay案内画面から「次へ」をタップしてカードの種類で「Suica」を選択。

カードの種類で「Suica」を選択

表示される指示に従って、Suicaカード裏面の下4桁と生年月日を入力。

下4桁と生年月日を入力

最後にiPhoneをSuicaカードの上に置くことで内容が読み取られて登録作業は完了です。

SuicaカードiPhone取り込み

なお、カード発行時に預けたデポジットの500円はSuicaの電子マネーに加算される形で返金されますが、Apple Payに取り込んだ後のSuicaカードはもう使用できません。

2.アプリでSuicaを新規発行してApple Payに追加する方法

取り込むSuicaカードを持っていなくても「Suicaアプリ」からApple Payに追加するSuicaを発行できます。

まず、JR東日本が提供しているアプリをダウンロード。

Suica アプリ

Suica
価格:無料
開発:East Japan Railway (JR東日本)
App Storeでダウンロード
itune

次にiOS10.1以上にアップデートされたiPhone 7 / 7 Plusからダウンロードした「Suica」アプリを起動します。

最初の画面「Suica発行」をタップ。

SuciaのApple Pay への登録方法

会員登録をすると、My SuicaやSuica定期券、Suicaグリーン券などがアプリから購入できたりするサービスが受けられますが、ここでは会員登録をしなくても追加できる無記名のSuicaを発行する形で進めます。

新規発行の「Suica(無記名)」を選択。

Suica(無記名)発行

「注意事項」が表示されますから、各内容を確認して問題なければ「次へ」をタップして同意。

applepay_suica9

SFチャージの画面が表示されますからチャージ金額の「金額を選ぶ」をタップしてチャージ金額を選択。

SFチャージ

事前にApple Payに登録しておいたクレジットカードで決済することでSuicaが即発行され、Suica(無記名)がWalletで利用できるようになったと表示されるので「次へ」をタップしてApple Payにカードを追加します。

Suicaが即発行

指示に沿って進めていき、最後にSuicaの利用条件が表示されるので内容を確認して問題なければ「同意する」をタップすることでSuicaがApple Payに追加されて登録は完了。

SuicaがApple Payに追加

ちなみに、Suicaアプリに会員登録すると次のサービスが受けられますから興味のある方は登録してみましょう。

  • My Suica、Suica定期券など種類別の複数カードの発行
  • Suica グリーン券やモバイルSuica特急券の購入
  • Apple Payに登録したクレジットカード以外のカードからのチャージ設定

Apple Pay Suicaの便利な使い方

この機能のキモはiPhoneを改札にかざすだけでスイスイと通過できるところ。

appleypay Suica改札

初期設定ではTouch IDを使わずにそのまま自動改札機を通れるようエクスプレスカードに設定されていますから、Suica登録が完了しているiPhoneであれば、スリープ状態のまま改札のICリーダーにかざすだけで通過することができますよ!

買い物をする場合は、対応店舗のレジで店員の方にSuicaで決済したい旨を伝えてホーム画面から「Wallet」を起動してSuicaを選んでTouch ID認証後「リーダーにかざして支払う」で支払いができます。

applepay_suica13

もっと簡単で便利な方法ですと、ロック画面でホームボタンをダブルクリック(2度押し)することでApple Payが起動しますから、Suicaを選んでTouch ID認証後に「リーダーにかざして支払う」で支払うこともできます。

Apple Pay の便利な支払い方法

applepay_suica14

Apple Payに登録できるクレジットカードはいくつかありますが、やはり信頼実績「三井住友カード」がおすすめできます。(今なら新規入会キャンペーン中です)

PR 三井住友VISAクラシックカード
PR 三井住友VISAゴールドカード

Apple Pay Suica のチャージ方法

ホーム画面から「Wallet」を起動してApple PayのSuicaを選択して右下の「i」アイコンをタップ。

ApplePay Suicaチャージ

するとSuicaの情報画面が表示されるので「チャージ」から金額を選択/入力して「チャージ」をタップすることでApple Payに登録してあるクレジットカードで残高をチャージできます。

ApplePay Suicaチャージ

また、Suicaアプリの会員登録をすることでApple Payに登録したクレジットカード以外からでもチャージできますから、用途に合わせて支払い方法を変えることも可能。

まとめ

Apple Payの開始でますます便利になったiPhoneですが、もしかして近い将来には財布を持ち歩く必要もなくなるかも。多方面でどんどん電子化していくような印象ですが、利便性とリスクを考慮しながら新しい技術と上手に付き合っていきたいですね!