SuicaのApple Pay(アップルペイ)設定方法と使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Apple Pay(アップルペイ)Suicaの便利な使い方

この機能のキモはiPhoneを改札にかざすだけでスイスイと通過できるところ。

appleypay Suica改札

初期設定ではTouch IDを使わずにそのまま自動改札機を通れるようエクスプレスカードに設定されていますから、Suica登録が完了しているiPhoneであれば、スリープ状態のまま改札のICリーダーにかざすだけで通過することができますよ!

買い物をする場合は、対応店舗のレジで店員の方にSuicaで決済したい旨を伝えてホーム画面から「Wallet」を起動してSuicaを選んでTouch ID認証後「リーダーにかざして支払う」で支払いができます。

applepay_suica13

もっと簡単で便利な方法ですと、ロック画面でホームボタンをダブルクリック(2度押し)することでApple Payが起動しますから、Suicaを選んでTouch ID認証後に「リーダーにかざして支払う」で支払うこともできます。

Apple Pay の便利な支払い方法

applepay_suica14

Apple Payに登録できるクレジットカードはいくつかありますが、QUICKPay加盟店でのお買い物やSuicaチャージでも還元率1%の楽天スーパーポイントの付与対象になる年会費永年無料の楽天カードがおすすめ。しかも7年連続で顧客満足度1位も獲得しており実用的でお得なカードです。

アップルペイ楽天カード

Apple Pay Suica のチャージ方法

ホーム画面から「Wallet」を起動してApple PayのSuicaを選択して右下の「i」アイコンをタップ。

ApplePay Suicaチャージ

するとSuicaの情報画面が表示されるので「チャージ」から金額を選択/入力して「チャージ」をタップすることでApple Payに登録してあるクレジットカードで残高をチャージできます。

ApplePay Suicaチャージ

また、Suicaアプリの会員登録をすることでApple Payに登録したクレジットカード以外からでもチャージできますから、用途に合わせて支払い方法を変えることも可能。

まとめ

Apple Payの開始でますます便利になったiPhoneですが、もしかして近い将来には財布を持ち歩く必要もなくなるかも。多方面でどんどん電子化していくような印象ですが、利便性とリスクを考慮しながら新しい技術と上手に付き合っていきたいですね!

iPhone 7 / 7 Plus をICリーダーにかざしてSuicaの改札を通ったり、iDやQUICPay取扱店で支払い...

電池切れでApple Payが使えなくては困ります。ひとつあれば安心。こちらは普段使いや出張・旅行に最適な最軽量モバイルバッテリーです。