検証!個体値チェッカーと新機能「ポケモンを調べる」を比較

スポンサーリンク

ポケモンを調べてみる機能の比較

ポケモンGOのバージョンアップで追加された機能「ポケモンを調べてもらう」では、同種類でも個体差があるポケモンたちの強さを個別に評価できるようになりました。

しかし、その内容は言葉での評価ということもあり個体値チェッカーのように数値で細かく示してくれるものではありません。感想としては「意外とアバウト」ってな印象。

そこで今回は、この「ポケモンを調べてもらう」機能は実際のところどうなのか、個体値チェッカーとその評価内容を照らし合わせて比較してみましたので参考にどうぞ!

スポンサーリンク

ポケモンを調べてもらう機能

この機能はポケモン詳細画面から「ポケモンを調べてもらう」をタップすることで、そのポケモンの強さを各チームリーダー(博士の助手)が評価してくれるというものです。

ポケモンを調べてみる機能

ちなみに、各チームのポケモンに対する総合的な最高評価と最低評価の言葉は次の通り。

ポケモンを調べてみる機能

赤チームリーダー・キャンデラ
最高:「言うことなしね。とっても頼もしいわ!」
最低:「バトル向きではないけど、わたしは好きよ。」

青チームリーダー・ブランシェ
最高:「驚異的で、芸術的だ。」
最低:「なかなか活躍が難しそうだ。」

黄チームリーダー・スパーク
最高:「トップレベルだぜ!」
最低:「イマイチ、といったところだな。」

目安は個体値の総合が80%以上だと最高評価で50%以下だと最低評価と考えておけばよいでしょう。

また、個体値の各要素である「攻撃力」「防御力」「体力」の中で一番高い数値に関しては個別で評価してくるので各チームリーダーの言葉を注意して見てみましょうね。

評価内容を個体値チェッカーの判定と比べてみよう

それでは、個体値チェッカーと「ポケモンを調べてもらう」機能の比較を青チームリーダーの評価をベースに行ってみます。言葉での大まかな評価に対して個体値チェカーで判定した数値と比較してその内容を見てみましょう。

※個体値チェッカーを知らない方はこちらをご覧ください。

その進化ちょっと待って!個体値チェッカーで成長を予測しよう
ポケモンGOで捕まえたりタマゴから孵化させてゲットしていくポケモンたち。 実はそれら同じ種でも強化や進化させていく過程でどのく...

判定の内容を調べてみるポケモンはこちら。

  • イーブイ・シャワーズ
  • ブーバー
  • ストライク

まずはイーブイで比べてみましょう。非常に良い個体値です。

イーブイ 個体値
CP(攻撃力+防御力) 26  / 30
HP(体力) 14 – 15 / 15

リーダー評価
「全体的に、驚異的で、芸術的だ。」
「特筆すべきは、こうげき の高さ。」
「測定できないほどだな、すばらしいよ。」
「きみのイーブイは記録に残っているかぎり、最小のようだ。驚異的。」

ポケモンを調べてみる機能の評価

このシャワーズに進化させたイーブイは最高評価のようです。ただ、CP個体値が26/30でも最高の評価をしてしまうので、やはり厳選には個体値チェッカーは必要ですね。個別に高い部分を評価してくれるのは便利。サイズについても評価しています。

次にブーバー。まずまずの個体値です。

ブーバー 個体値
CP(攻撃力+防御力) 21 – 24 / 30
HP(体力) 10 – 11  / 15

リーダー評価
「全体的に、目を引くものがある。」
「特筆すべきは、こうげき の高さ。」
「きみのブーバーは平均より大きい」

ポケモンを調べてみる機能の評価

まずまずの個体値の個体にはまずまず納得の評価。この評価機能、やはり個体値の目安を調べるには便利。

そしてストライクで比較。個体値は低め。

ストライク 個体値
CP(攻撃力+防御力) 5 – 12 / 30
HP(体力) 2 – 4 / 15

リーダー評価
「全体的に、なかなか活躍が難しそうだ。」
「特筆すべきは、ぼうぎょの高さ。」
「この点において、まずまずと言える。」

ポケモンを調べてみる機能の評価

とにかく最低評価の個体は個別で高い数値があるようでもバトルでの活躍や育成には不向きでしょうね。この判断にも「ポケモンを調べてもらう」機能は役立ちそうです。

オススメのポケモン厳選方法

この「ポケモンを調べてもらう」機能を個体値チェッカーの判定と照らし合せてみたところ、厳選するポケモンの大まかな振分けには十分に役立つことがわかりました。

そこで、個人的には次の方法で集中して進化・強化するポケモンを厳選して行こうと考えています。

  1. まず「ポケモンを調べてもらう」で最高評価のポケモンは育成候補として名前を付けて区別しておく。
  2. 区別した最高評価のポケモンを個体値チェッカーで正確な数値を調べ「わざ」なども考慮して問題なければ集中して進化・強化していく。

この方法で最上の個体を持ったポケモンの厳選が今までより簡単に行えるようになると思いますよ。つまり、個体値チェッカーを使う前段階の振分けに超便利。

まとめ

さすが追加機能の「ポケモンを調べてもらう」はポケモンを厳選するには助かる機能ですね。以前と同じように集中して育成するポケモンの厳選には個体値チェッカーは必要ですが、事前に振り分けてアメに交換するポケモンを選別するには非常に便利な機能。引き続き今後のアップデートにも期待!

影に潜んで敵を狙い撃つHIDE AND FIREが超面白い!
先日何気なく見かけてダウンロードしてみたスマホアプリ「HIDE AND FIRE」。 で、早速プレイしてみると。 ...