最効率に経験値を稼ぐ!レベルアップの秘策は3匹のポケモン

スポンサーリンク

人気沸騰中のポケモンGOも序盤を越えるあたりからレベルアップの難易度が少しずつ上っていきますよね。

レベル20から必要な経験値もグッと上がり、ちょっと大変。そんなレベルアップを重ねていくところにもゲームの楽しみがありますが、やはり効率的にレベルを上げていきたいもの。

しあわせタマゴと大量進化で経験値がっぽり

ポケモンGOで経験値を得る方法はいろいろありますが、とりわけ中でも獲得経験値が高いのが「進化」です。

ポケモンを進化することで得られる経験値は、

  • 通常500XP
  • 初回1000XP(図鑑登録を含め+500XP)

と、普通にポケモンを捕まえるより高い経験値を得ることができます。

この「進化」を行うことでもらえる経験値は全種類のポケモンで一定なのに、進化に必要な「アメ」の数は種類によって大きな差があります。もちろん進化に多くのアメが必要なポケモンほどCPが高く強いポケモンであることがほとんどですが、「進化による獲得経験値」という点では全て同じ。

そこで今回はそのゲームシステムを利用して効率的に経験値を稼ぐワザをご紹介します。

このワザ・方法を覚えておけば、今まで出現してもあまり嬉しくなかったレア度が低いポケモンでも捕まえるのが楽しくなりますよ!

スポンサーリンク

しあわせタマゴと大量進化で経験値ガッポリ作戦!

要するにこの方法は、少ないアメで進化できる特定のポケモンを大量にストックしておいて、30分経験値が2倍になる「しあわせタマゴ」というアイテムを使い、その間にアメが尽きるまで何度も進化させて多くの経験値を得るというものです。

しあわせタマゴと大量進化で経験値がっぽり1

えっ!そんなこと?って思うかもしれませんが、ポケモンGOのコンプリートを目指すのであれば、この方法を都度おこなっていけば必ずレベルアップに役立ちますよ。

手順は以下のとおり。

1.ターゲットである3匹のポケモンを大量に捕まえておく

まずターゲットであるこちらの3匹のポケモンを見つけたら捕まえて大量にストックしておきましょう。

これらのポケモンに限りアメ12個で進化できます。(他のポケモンは25個〜400個)

ポッポ
ポッポ

ビードル
ビードル

キャタピー
キャタピー

見つかりやすくレア度が低いことから遭遇してもあまり嬉しくないポケモンに分類されていますが、この経験値ガッポリ作戦ではこいつらが主役。

アメについて

ちなみに「アメ」の入手方法は3通りあるので覚えておきましょう。

  • ポケモンを捕まえる:
    捕まえると「〜のアメ」という名前のアメを入手。
  • タマゴを孵化させる:
    孵化で得られるアメは多めなので、常に孵化している状態を保つようにしましょう。
  • ポケモンを博士におくる:
    必要ないポケモンを博士におくることで引き換えにアメがもらえる。

2.しあわせタマゴを入手する

この作戦のキモである30分獲得経験値が2倍になる「しあわせタマゴ」の入手方法は、

  • レベルアップ報酬で入手
  • ショップ購入で入手

となります。レベルアップ報酬では次のレベルに達すると入手できますが、実際のところいくつかは買った方がよいかもしれません。

レベル9(しあわせタマゴ1個)
レベル10(しあわせタマゴ1個)
レベル15(しあわせタマゴ1個)
レベル20(しあわせタマゴ2個)
レベル25(しあわせタマゴ1個)
レベル30(しあわせタマゴ1個)

ショップ購入だとこの価格ですね。もし買ったらタイミングをみて大事に使いましょう。

しあわせタマゴ

3.ポケモンボックスが満タンになったら大量進化を開始

ポケモンを持てる上限は「ポケモンボックスアップグレード」購入で+50増やすことができますが、この判断はお任せします。

ポケモンボックスアップグレード

準備が整ったら道具メニューから「しあわせタマゴ」を発動させて、アメが続く限り30分間できるだけ回数多くこちらのポケモン達で進化を繰り返しましょう。

  • ポッポ
  • ビードル
  • キャタピー

しあわせタマゴと大量進化で経験値がっぽり2

しあわせタマゴが効いている30分間は進化ごとに1000XPを獲得!

つまり、比較的に出現しやすいこれら3匹のポケモンが貯まるたび、この方法を繰り返していけば効率的に経験値が稼げちゃいます。

まとめ

時間をかけながら少しずつポケモンGOを楽しむのもよいですが、コンプリートを目指すなら積極的にレベルアップの効率を図りましょう!この方法は特にオススメです。

影に潜んで敵を狙い撃つHIDE AND FIREが超面白い!
先日何気なく見かけてダウンロードしてみたスマホアプリ「HIDE AND FIRE」。 で、早速プレイしてみると。 ...